プレスリリース

訪日外国人向けの疑問、困り事テキスト解析サービス開始

訪日観光客が今、求めている情報とは?
外国人情報交換掲示板「ジャパンガイド・フォーラム」のQ&Aをビッグデータ解析



 月間800万~1000万PVを集める訪日観光客向けポータルサイト「japan-guide.com」のフォーラム(情報交換掲示板)に寄せられた 月間4000件にのぼる外国人の書き込みをもとに、「ジャパンガイド」の国内業務窓口を担うエクスポート・ジャパン株式会社(本社・大阪府大阪市、代表取締役・高岡謙二)と
ビッグデータ解析コンサルティング、人工知能実装支援事業を展開するエッジコンサルティング株式会社(本社・東京都港区、代表取締役・住本幸士)は、 訪日観光客が求める情報に関するビッグデータ解析を行いました。2014年から2016年6月までの外国人ユーザー同士によるQ&Aデータをテキストマイニングすることで、通常のモニターアンケートなどでは得られない訪日観光客のナマの情報ニーズを割り出しました。

本リリースでは、特にエリア・交通に関するトピックを中心にピックアップして紹介します。





■エリア:訪日観光客の関心は「首都圏から地方」へ



 Q&Aのエリア別頻出ワードランキング ・東京、京都、大阪、箱根は3年間変わらず「不動の定番」。また、広島、高山、奈良、名古屋、札幌も常に関心が高いことが見受けられます。 ここ1年で国内メディアによって取り上げられる機会が増えている高山も、こうしたQ&A掲示板ではすでに定番の存在でした。 ・注目は10位以下。横浜や渋谷など首都圏内エリアはランク外に順位を落とす一方、姫路や神戸、長野などが新たにランクイン。札幌や函館など北海道の都市は5位以上順位をあげています。背景には、北海道各都市の多言語でのPR・おもてなし応対充実化に加え、元より同エリアに関心の高い東南アジア圏ユーザーによる情報収集ニーズ(母数)の増加が考えられます。




観光エリアに関する単語頻出ランキングの年別推移
観光エリアに関する単語頻出ランキングの年別推移

また、以下の図は、フォーラムQ&A文中に頻出している地域関連ワードと、ジャパンガイドの地域別の紹介ページのPV数の組み合わせたものとなっており、質問頻度だけではなくアクセス状況も踏まえて人気エリアをマッピングしております。広島、高山、札幌などPVに対して質問が多いエリアは、質問の属性を分析し、回答を情報発信したり、施設や交通インフラの整備を行うことで疑問・不安が解消し、さらなる観光客の流入や満足度向上が期待できます。 一方で、相対的に質問が少ないエリアは、認知度向上PRや訪問動機形成を重点施策とすべきステージであると推察されます。
※東京、京都、大阪は突出して値が大きいため、三都市を除きつつ、各データを指数化してマッピングしています




2016年度の人気エリア




■交通:電車・バス×乗り放題パス・手荷物の預かりへの疑問



・JR、Train、Bus、Pass、Airport 等、移動に関する質問では電車・バスへの疑問が頻出。従来より訪日観光客からのニーズが高かった乗換情報は、アプリなどで各社より提供が増えてきましたが、乗り放題パスに関する情報や特にバスの情報は外国語での探しにくさがあり、関連情報の提供ニーズが示唆されます。 ・「Drive」は年々頻出ランクが上昇。レンタカー移動ニーズの増加とともにQ&Aへの登場回数が増加傾向にあります。 ・「Luggage(手荷物)」も頻出単語です。各地域でどこに荷物を預けることが出来るのか、各地域の自治体や企業が、積極的に情報提供をしていく必要性が感じられる結果となりました。




移動、交通情報に関する単語頻出ランキングの年別推移
移動、交通情報に関する単語頻出ランキングの年別推移




■その他:早朝、夜間における情報へのニーズ



・「Morning」や「Night」という単語は常に高いランクで推移しており、早朝に目的地へ到着した場合の移動手段、夜間のイベント、遊び場所など、時間帯で区切ったニーズ、情報提供の必要性が示唆されるものとなっています。東京などのクラブなどが密集しているエリアでも、家族づれの場合に楽しめるコンテンツへのニーズが見受けられました。また、地方においてもナイト・アクティビティに関する情報を求める声がありますが、実際にそのエリアへ行ったことのあるユーザーからは、「食後には無理にアクティビティを求めるのではなく、本を読むか眠るのがよい」と、その土地へ出向いたからこそできる時間の過ごし方を共有する声も書き込まれています。
・ジャパンガイドの掲示板に寄せられた実際の質問:
羽田空港に平日の朝5:30に到着し、名古屋へ向かう予定なのですが、羽田空港のジャパン・レール・パス引換所が開く7:45前にはすでに長い列ができてしまっているのでしょうか。 羽田空港で待つよりも、東京駅に移動して7:30に引換所が開くのを待つ方が効率がよいですか?

これまで一人で何度か東京へ行ったことがあります。ただ、いつも東京には夜間に楽しめるショッピングスポットがないなと感じていて、結局、秋葉原へ人が集まっているように見えます。今回は両親をつれていくので、ナイト・アクティビティとして取り上げられる、クラブやカラオケは当てはまりません。都内で夜間に家族で楽しめるスポットを教えて下さい。

午前中に名古屋から妻籠へ移動し、ハイキングをしてから、午後に馬籠に到着し、一泊する予定です。夜間に馬籠で楽しめるアクティビティはありますか?夕食や朝食をとるためのレストランはあるのでしょうか。

■ビッグデータ解析をもとにした訪日観光客の誘致支援を展開



 フォーラムにおける頻出ワードと観光エリアの繋がりを分析することで、対象エリアに対して訪日観光客が持つ生の印象や、現状の課題が浮かび上がります。こうした分析を踏まえた上で、実地調査を併用すると、印象・心配事と実際の体験の差異が明確化し、インバウンドの方策立案の指針となりえるデータが得られます。広告掲載の提案にとどまらず、エクスポート・ジャパン株式会社が2000年の設立以来蓄積してきたビッグデータに対し、エッジコンサルティング株式会社がデータ解析を行うことで、今後さらに訪日観光客の誘致を目的とする自治体、民間企業への提案、支援を強化していく予定です。

【インバウンド解析データ/サービス提供について】
エッジコンサルティング株式会社とエクスポート・ジャパン株式会社の連携提供サービスでは、エリア、特定テーマ、ターゲット国/言語など様々な切り口でデータ解析が可能です。

●調査可能データソース
japan-guide.com内データ
1. Forum内書き込み
2. 累計1億80万UU 6億3324万PV (2008年2月初旬~2016年8月中旬)のアクセスデータ
※英語版のみのカウント(analyticsカウントによる)


●解析方法例
・形態素解析:文章を単語に分解し、単語別の頻度を算出し、投稿国別の頻出単語の傾向や時系列の頻出単語の傾向を見ることで、国別のニーズの違いや変化を見ることが可能となる。
・構文解析: 1つの単語だけではなく単語同士のつながりを分析しつつ、国別や時系列で見ていくことでより細かいニーズを把握することが可能。例えば、「アメリカ」の方は「東京」の「移動」に関しては「金額」について興味関心があるようだけれども、「イギリス」の方は「東京」の「移動」に関しては、「時間」について興味が強いといった細かい傾向を把握することが出来るようになる。

●アウトプットイメージ例
アウトプットイメージ


-----------------------------------------------------
【japan-guide.com】
URL:http://www.japan-guide.com/

【japan-guide.comのフォーラムページ】
URL:http://www.japan-guide.com/forum

【japan-guide.comとは】
訪日外国人向け観光情報ポータルサイト
毎月800万~1,000万PV以上のアクセス
200ヵ国以上の国からのアクセス
1996年サイト設立

-----------------------------------------------------
<エッジコンサルティング株式会社 会社概要>
会社名  :エッジコンサルティング株式会社
本社所在地:東京都港区西新橋1丁目18番6号 クロスオフィス内幸町6階
設立   :2014年5月12日
URL    :http://edge-consulting.jp/
主な事業 :ビッグデータ解析コンサルティング、人工知能実装、データ解析スペシャリスト派遣

-----------------------------------------------------

-----------------------------------------------------
<エクスポート・ジャパン株式会社 会社概要>
会社名  :エクスポート・ジャパン 株式会社
本社所在地:大阪府大阪市中央区淡路町2-6-9 淡路町TCビル7F
東京支社所在地:東京都中央区日本橋室町1-6-3 山本ビル別館3F
設立   :2000年4月
URL    :http://www.export-japan.co.jp/
主な事業 :ジャパンガイドに伴うサービス運営、多言語ウェブ制作
-----------------------------------------------------


以上