産学AI summitは終了しました。


2017-産学
AI summit

5名のスペシャリストが
人工知能の実務活用を
実例を用いて徹底解説


10/5 THU 14:00-18:00



産学AI summitは終了しました。

概要

連日メディアを賑わせている「人工知能」。
一方で、AIを実際に活用している企業はまだまだ少ないのが実情です。

そこで、今セミナーでは
『人工知能を使うとどんなことができるようになるのか?』
をはじめ
『実際に活用している企業の事例は?』
『今後活用していくためには何が必要で具体的にどこに注意すべきか?』
『人工知能を活用・取り入れて成功している企業の共通点は?』

など、日本を代表する業界のキーマンが集結し、さまざまな角度からお伝えします。

1日で人工知能の今と活用方法がわかるようなセミナーですので、少しでもご興味あれば、是非ご参加ください。

対象者

・経営者 経営企画 新規事業企画 事業開発 プロダクトオーナー 事業責任者 マーケティング
その他企画職

・データサイエンティスト、エンジニア その他人工知能の活用を目指す技術職

こんな課題やご希望をお持ちの方におすすめです

✔人工知能の漠然とした理解を深めたい

✔人工知能で現在できること、できないことを知りたい

✔断片的な人工知能に関する情報をあらゆる角度からまとめて効率的に聞いてみたい

✔人工知能の理論は理解しているけど、実務で具体的にどう使えるのか知りたい

✔人工知能導入を検討しているので、さまざまな事例を聞いて、実行の手掛かりにしたい

✔技術はある程度理解しているが、ビジネス展開の際のヒントを得たい

登壇者

  • 大関 和夫氏


    芝浦工業大学名誉教授、ITコンサルタント
    画像圧縮技術、顔認識、シールプリント用顔画像処理、平均顔、細線除去、自動運転用車載カメラ映像処理、深層学習による画像分類などの研究開発を行う。

    ■講演テーマ
    画像処理アプリケーションとDeep Learningによる画像分類


    ■講演概要
    画像処理は、ロボットビジョンに代表される顔認証、物体検出などが急速に進み、外観検査、省力化などの応用が広まりつつあります。
    三次元計測(ステレオビジョン)では、距離の計測や物体の識別が可能になっています。自動運転では、画像に加え、各種センサーの融合が始まっています。

    Deep Learningでは、画像分類において、最適化のノウハウで精度が向上する事例を紹介し、新規開発の加速化に貢献することを目指します。
    また、従来の画像処理技術として、電線除去、平均顔などを高精細化した有望アプリ事例の紹介も行います。

  • 巣籠 悠輔氏


    株式会社情報医療 CTO 東京大学招聘講師
    Gunosy、READYFOR創業メンバー、電通・Google NY支社に勤務後、
    株式会社情報医療を共同創業。医療分野での人工知能活用を目指す。

    ■講演テーマ
    深層学習技術の動向と活用可能性について



    ■講演概要
    ここ最近、深層学習がますます有名になり、その勢いはとどまることを知りません。
    一方、産業界を見ると、これらの技術はまだまだ十分活用されているとは言えません。

    いくつかの事例は成果が発表されてきてはいるものの、人工知能分野の発展は目まぐるしく、まだまだ応用すべき新しい技術はたくさんあります。

    そこで本講演では、人工知能分野ではどのような研究が行われているのか、そして、それらの技術は産業にどのように応用できるのかについて紹介していきます。

  • 巣籠 悠輔氏


    株式会社情報医療 CTO 東京大学招聘講師
    Gunosy、READYFOR創業メンバー、電通・Google NY支社に勤務後、
    株式会社情報医療を共同創業。医療分野での人工知能活用を目指す。

    ■講演テーマ
    深層学習技術の動向と活用可能性について


    ■講演概要
    ここ最近、深層学習がますます有名になり、その勢いはとどまることを知りません。
    一方、産業界を見ると、これらの技術はまだまだ十分活用されているとは言えません。

    いくつかの事例は成果が発表されてきてはいるものの、人工知能分野の発展は目まぐるしく、まだまだ応用すべき新しい技術はたくさんあります。

    そこで本講演では、人工知能分野ではどのような研究が行われているのか、そして、それらの技術は産業にどのように応用できるのかについて紹介していきます。

  • 山田 典一氏


    株式会社クリエイティブ・インテリジェンス 代表取締役
    Yahoo!Japan、ブレインパッド、外資系デジタルエージェンシー等で、高度アナリティクス業務に従事後、株式会社クリエイティブ・インテリジェンスを設立。

    ■講演テーマ
    AIによるビジネスプロセスの次世代化に向けて


    ■講演概要
    多くのAI活用事例が発表される一方、AI導入に苦戦する企業が数多く存在しています。
    ある組織では年数百本ものAIモデルを運用するなか、多くの企業が最初の1本の導入に苦戦しているのです。

    本セッションでは、この最初の1本をいかに成功に導くかに焦点を当て、導入に成功した事例、頓挫した事例をご紹介します。
    またAIベンダーサイドから見た、AI活用先進企業の特徴についてもお話したいと思います。

  • 里  洋平氏


    DATUMSTUDIO株式会社 取締役CAO
    R言語の東京コミュニティTokyo.Rの主催者。
    ヤフー、ディー・エヌ・エー、ドリコムにて、データ分析環境の構築やソーシャルゲーム、メディア、広告などさまざまな分析業務を経て、DATUMSTUDIO株式会社を設立。

    ■講演テーマ
    AIを用いたビジネス活用事例のご紹介


    ■講演概要
    本講演では、実際に弊社が実装してきた『AIを用いたビジネス活用事例』をお話します。

    AIの導入を試してみたいとお考えの企業様に向けて
    「AIとは何か?」
    「具体的に”今”どんなことが実現できるのか?」
    「ビジネス導入にあたりどのような前提条件があるのか?」
    といった内容を、AIを導入した企業様の具体事例をもとにご紹介させていただきます。

  • 上村 崇氏


    株式会社ALBERT 代表取締役社長
    大学在学中インタースコープにて調査分析事業及びテキストマイニングソフトの開発に従事。
    アクセンチュアにて大手電気メーカー・OA機器メーカーの事業戦略及び営業戦略プロジェクトに従事後、株式会社ALBERTを設立。

    ■講演テーマ
    人工知能のビジネス活用


    ■講演概要
    あらゆるデータが取得できるようになったことで、その分析と活用の技術が広く求められるようになり、人工知能(AI)のビジネスへの活用が急速に進んでいます。

    本領域の先端技術の研究とビジネスへの活用支援を行なっている「データソリューションのリーディングカンパニー」株式会社ALBERTが、
    ヘルスケア、自動運転、スマートファクトリー、アパレルといった分野への活用を、具体的な事例を交えてご紹介します。